ケロイド状のニキビ跡の治し方

ケロイド状のニキビ跡の治し方

ケロイド状のニキビ跡の治し方

ケロイド状のニキビ跡の治し方ニキビができていもいつの間にか治ることも珍しくありません。しかし、ニキビの炎症が治まっても、厄介なニキビ跡が残ってしまうことがあります。

 

ひどい赤みが続く状態や盛り上がっているような状態ケロイド状と言います。とくに、ニキビが重度の場合に、ケロイド状のニキビ跡が残りやすいとされています。

 

ニキビの炎症がひどいと、表皮の破壊にとどまらず、毛穴全体までが破壊され、深層部にまでダメージがいきます。肌の奥底までダメージを受けている状態ですから、なかなか治りません。肌内部の状態が悪くなっていることでコラーゲンの生成もうまくいかず、その部分が膨らんでしまいます。

 


ケロイド状のニキビ跡には大きく分けると2つのタイプがあります。

  1. 肥厚性瘢痕のケロイド
  2. 真性のケロイド

 

肥厚性瘢痕のケロイドでは、コラーゲン組織が正常に再生されないために隆起するタイプで、真性のケロイドの場合は遺伝的な体質が関係していてニキビに限らず小さな傷ができたときにもなりやすいとされています。

 

どちらにしても、ニキビに比べニキビ跡はセルフケアでの改善に限度があります。的確にニキビ跡を消していくためには、皮膚科のクリニックやエステサロンがすすめられます。

 

皮膚科では治療として、抗アレルギー剤・リザベンの薬物療法がおこなわれます。ケロイド状のニキビ跡ができてすぐに服用を始めることで効果があると言われています。炎症があるときはステロイド剤を使用し、また血行を促進するヒルドイドなど、状態に合わせて使い分けます。

 

膨らんだケロイド状のニキビ跡はレーザー治療や切除・縫合という方法もあります。

▲TOP